調剤機器開発の株式会社三駆(所在地:東京都調布市、代表取締役社長:柿沼 隆)は、調剤薬局・小児科クリニック向けに水剤分包機「おくすりちゅーちゅー」を2018年4月1日(日)に発売いたします。

乳幼児のくすりとして処方されることが多い水剤。今までは処方日数分をまとめて水剤ボトルで渡すのが一般的で、患者の親などが指定された分量をスプーンやスポイトで計量し飲ませていました。

これまでのスプーンやスポイトでの投与だと、投与量を間違えたりこぼしたりすることがありましたが、水剤分包機「おくすりちゅーちゅー」を使えば、調剤薬局で水剤を1回分の量に分包できるので、投与量を間違えることがなくなります。

容器の飲み口は子供がくわえやすい形状になっており、こぼすことなく飲ませることができます。容器はワンタッチで開封でき、1回分ごとの使い捨て容器のため衛生的で外出時にも簡単に飲ませることができます。
使用方法は水剤全量をホッパに投入、適したサイズの容器をセットし患者氏名を選択(※)するだけ。
オプションのラベルプリンターを接続すれば容器に貼るラベルシールも印刷することも可能です。
機器一式320万円(税別:諸費用別)で受注生産となります。
購入はウェブサイト( https://093chu2.com )、電話(042-498-5592)、FAX(042-444-5845)で受け付けております。
(※)レセプトコンピューターと連携している場合

資料ダウンロード

プレスリリース
プレスリリース(PDF)
写真

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です